みそじのおんかつ

みそじのおんかつ

音活真っ盛りのおばちゃんです。

音楽と5Gの可能性

シェアする

この動画を見てて思った事を雑記にしたいと思います。

こんにちは、さとうです。

 

既にアメリカや中国ではスタートしている5G

GはGenerationの頭文字、5は5th。5番目ということ。

第5世代には一体何が出来るのか。

 

Generation今までの経緯

1G アナログ携帯電話のスタート

f:id:obachang30:20190921014510j:plain

昔の携帯電話はこんな感じだったそうです。

f:id:obachang30:20190921014649j:plain

平野ノラさんがネタで使っていましたし、見覚えのある方もいるのでは。

当時は電話が持ち歩けるという事でかなりの話題になったそうです。

 

2G データ通信

メールですね。電話ができ、メールも送れる。

当時としては画期的だったんです。

また、1999年にNTTドコモiモードが開始。インターネットが爆発的に普及したように思えます。またこの頃はまだ定額制がない頃ですから、パケ死という言葉がありました。(後に2003年頃からパケット定額制というものがスタートし始めます。)

パケ死(パケし)とは、携帯電話・PHSの使用の際に無線パケット通信料が想像以上の高額になり、支払困難または支払不能に陥る様を表現した俗語である。 またITmediaによれば、スマートフォン時代に入り、パケット通信料の料金体系が抜本的に変化した以降でも、「予め契約により決まっている月間通信量の上限を超えたため、通信速度制限が掛かる状態」を「パケ死」と言う場合もあるとしている。(Wikiより抜粋)

パケ死 - Wikipedia

wikiがあるのにびっくりした

 f:id:obachang30:20190921020317j:plainf:id:obachang30:20190921020334j:plainf:id:obachang30:20190921020348j:plain

 今の子は折りたたみ以外にもこんな形の携帯電話があった事とか

f:id:obachang30:20190921020455j:plain

画面が白黒だったのはご存知なのでしょうか…

 

3G スマートフォンとインターネットの高速化

パケット定額制から続いている流れではありますが、この頃からインターネットがかなり身近なものになってきました。

またこの頃にiPhone3Gが発売され、スマートフォンというものが登場しました。

f:id:obachang30:20190921021231j:plain

私はこの当時ソフトバンクで丁度機種変更のできる時期だったので3G購入した記憶があります。今のiPhoneと比べるとメモリも少なければ本体容量も少ない、そして周りはまだまだガラケーばかりでした。

インターネットが普及していく中で、音楽のダウンロード、写メール付きのメールが可能など、2Gから3Gへの変化はエンターテイメント性に富んだものが多かったです。

 

4G 生活の中に溶け込むインターネット

こう表現するのが正しいんじゃないかと。

ネットショッピングやスマホゲーム、ストリーミング配信など

3Gよりも更に高速化することで切っても切り離せないほどインターネットは普及し、生活を便利にしてくれました。youtuberというのはまさに象徴ではないかなと思います。

 

5Gはどうなるのか

日本では2020年に主要キャリアから順次スタートされるそうです。

さて、5Gはどのような特徴があるのか

  • 超高速
  • 超大容量
  • 超大量接続
  • 超低遅延

超高速超低遅延はほぼ同義なので、まとめて説明すると

人には感知出来ない程度の遅延しか発生しない

というもの。今はyoutubeやニコニコなどの生配信を見ると、約30秒~1分程度の遅延が発生しています。それがなくなるんだそうです。

調べていた際に見つけた数値ですと

4G(LTE) 988Mbps

光回線    2Gbps

5G    20Gbps

有線より早いとは何事か。これが現実に起これば今まで体感した事がない早さになりますね。このため自動運転や遠隔手術などが大幅に普及していくのでは無いかと言われています。

 

超大容量は今の映像の解像度である4K8Kなどの大容量の動画をかなり快適に見る事ができるんだとか。

 

超大量接続は今の100倍の端末が同時に接続できるそうです。

例えばコンサート会場やスポーツ会場などの人が多く集まる場所でネットが重たくて繋がらないということがなくなります。

 

と、今の4Gでの不満が全て解消される夢のような回線5Gと言われています。

 

5G回線を使って世界中の人とセッションしたい

この話を聞いた時に一番最初に頭に浮かんだのがこれでした。

超低遅延ということは、世界中どこにいても音楽を一緒に演奏する事ができる。

超大量接続という事は交響楽団のような人数でもみんなでセッションが楽しめる。

え。なにそれむちゃくちゃ楽しそう。

 

大きなコンサート会場で考えるなら、遠くの席にいたとしても一番前の席と同じ所にあるカメラに接続する事で熱気や臨場感を楽しめる。

遠隔操作が出来るなら、DAWの講座なんかにも使えそう。

音楽という垣根を超えると、視聴者参加型の早押しクイズもできそう。

と様々考えていたら、5Gの普及がとてつもなく楽しみになりました。

 

現状での5Gのデメリット

あくまで現状でのデメリットです。

 

対応機種が少ない

Huawei Mate X
Samsung Galaxy S10 5G
LG V50 ThinQ
Xiaomi Mi Mix 3 5G
ZTE Axon 10 Pro 5G
OnePlus 5G phone
Energizer Power Max P8100S

が現状使える機種。今他の機種をお使いの方がソフトアップデートする事で5Gが使えるという事はなく、専用の機種に変えないといけません。また、これは家電に関しても同じ事です。

今後更に5G対応の機種が出てくる事で選択肢は増えますが、現状はやはり少ないです。

 

セキュリティリスク

今まで以上に様々な形でインターネットに接続する機会が予測されるため、セキュリティリスクに関しては今の何倍も気をつかうのではないかなと思います。

遠隔操作している手術機器に悪意のあるウイルスが…なんて恐ろしいですよね。

 

無事普及されるのか

地方では光回線もちゃんと普及されていない地域もまだあります。そんな中で5Gはちゃんと普及されるのか。速度は問題なく出るのかなど、完全に普及されるまで時間がかかるのではないか、とも言われています。4Gと5Gが混同する時期が暫く続きそうな気もします。

 

さて、どう使おうか5G

この前情報が話を盛ったもので無いと信じて、私個人の意見としては

すっごい面白そう

と言うのが素直な感想です。

無事5Gが普及完了するのがいつになるのかはまだ分からないですが、これが実現するなら世界は一気に加速する気がします。

さて、その時に私はどう動くか。今から考えてワクワクしようと思います。

 

余談。我が父上がその昔通信関係に勤めていたのですが、3Gという物が普及スタートした頃にもう4Gはほぼ出来ていたのだそうです。で、その4Gを作ったのが父上が在籍していたグループだったのだとか。お父上よ…あなたすごい人だったのですね。