みそじのおんかつ

みそじのおんかつ

音活真っ盛りのおばちゃんです。

【作詞】今すぐヒット曲が作れる?!作詞の法則性

シェアする

今すぐヒット曲が作れる?!作詞の法則性
こんにちは、さとう(@sayakasato00)です。

記憶に残る曲というのはメロディと歌詞がマッチしてこそなので、メロディだけが良くても歌詞が記憶に残らなければせっかくの良い曲でも印象が薄くなってしまいます。しかし作詞というのは中々慣れるまでは難しいものです。ただ言葉を羅列しただけでは歌詞よりもポエムになってしまいがち… そこで今回はJ-POPでよく見られるフレーズをいくつかご紹介します。

このフレーズをつなぎ合わせるだけでヒットっぽい曲を作る事が出来ます。また、こういうフレーズは本当に多用されがちなので、似たような歌詞にもなりますので、困ったときのネタとして頭に入っているだけでサビに使う、敢えて避けると言う作り方が出来ると思います。

ヒットソングにはいくつかのルールがある

ヒットソングにはいくつかのルールがある
最近のヒットソングには当てはまらない曲も多いのですが、J-POP全盛期の90年代にはあるルールに当てはまる曲がとても多かったように思えます。と言っても、私はその90年代の音楽にとても影響を受けている年代ですので、一種のルールに当てはまる曲が心地よいとも感じます。

そのルールですが、作曲面で言うとカノン進行・小室進行などの音活をしている人であれば一度聞いた事があるコード進行になります。カノン進行に関してはNanaki Piano様のこの動画がとても分かりやすかったのでぜひご覧ください。

www.youtube.com

小室進行に関しては、私と同じ90年代の音楽を聞いた事がある人であれば誰でも一度は耳にしているものです。T.K Henry様のこの動画がとても分かりやすかったのでぜひご覧ください。

www.youtube.com

コード進行に関しては今回は深く掘り下げませんが、コード進行だけでもヒットする曲にはルールがあるのがわかると思います。それだけ日本人の耳に届きやすい、慣れ親しんだコード進行でもあります。ですので、ヒットソングっぽいものを作りたい!と言う方はまずはこのコード進行で作ると外れは少なくなるのではないかと思います。

どうして恋愛ソングが日本には多いのか?

どうして恋愛ソングが日本には多いのか?
こちらに関してはある程度私の予想の話になるのですが、ビジネス界隈でなくなる事がないだろうと言われているジャンルに

  • お金
  • 恋愛
  • 健康

という3つのキーワードがあります。その中で音楽として成立させやすいのが恋愛であり、誰しもが一度は経験した事があるものだから作りやすいと言う部分があり、共感が得られやすいジャンルなのではないかと推測しています。テレビで流れていてたまたま聞いた曲自分が共感出来る恋愛ソングだったら、他の曲も聞いてみたくなると言う人が多いのではないでしょうか。
お金や健康については単体のテーマでは中々曲にしにくいですから、恋愛ソングが必然的に増えていくのでは。個人的な考えとして、恋愛+お金恋愛+健康というテーマであれば曲になるのではないかなとは思います。

春には桜が舞い散り翼は広げるもの

春には桜が舞い散り翼は広げるもの
さて、少しだけ意地悪な見出しですが、こんな歌詞を見た事ありませんか?

あの日の君の言葉 弱虫な私の心に気付いてくれた
もう迷わない まっすぐなまなざしで
翼を広げて前へ進め

君と出会えた奇跡 桜が舞い散る中で
歩き出そう もうひとりぼっちじゃない

J-POPあるあるなキーワードを並べてつなぎ合わせただけです。ある程度のキーワードを知っているとこんな風なヒットソングに使われそうな詞が簡単に出来ます。ここではそのキーワードのいくつかをご紹介したいと思いますので、あるあると共感して頂ければ幸いです。

ヒットソングによく見られるフレーズ
    永遠(とわ)に あの日の君の言葉 もう忘れない 翼を広げて 君なら飛べる 出会えた奇跡 ひとりぼっちじゃない 大切な日々 君を忘れない 深く息を吸い込んで 母の愛情 父の背中 ありがとう 旅の途中 前へ進め 進んでいこう 歩き出そう 扉を開けて etc…

奇跡をキセキにしたり、翼をツバサにしたりと、片仮名にするのもよくあるフレーズです。桜・翼・奇跡というワードと広げる・舞い散る・起こるなどの述語を合わせ、それらを上手く繋ぎ合わせて行くことでそれっぽい歌詞が出来上がります。

ヒットソングは一種のパズルだ

ヒットソングは一種のパズルだ

と言うと語弊があるかもしれませんが、やはり出来るだけ多くの人が共感し楽しんでくれる音楽にはある程度のルールがあって、ヒットソングを作る方々はそれを上手に取り入れていると思います。歌詞に関しては誰もが想像しやすく共感を得やすいもの・聞いた事あるフレーズというのがヒットソングには目立ちます。もちろんあまり慣れ親しんだ言葉ではないものをチョイスして売れている曲もありますが、コード進行がカノン進行や小室進行だったり、サビにはヒットソングによく見られるフレーズが入っていることが多いです。

ヒットソングを研究すると色々な法則性があるので、作曲・作詞の勉強になりますしここぞという時に使える武器になりますから、様々な曲を聞いて研究し、自分の身にするのが大切だと思っています。敢えてAメロBメロは外して、サビだけよくあるフレーズにするって言うのも印象的な曲になります。自分の武器曲が1曲あるとアルバムでよくある外し曲も映えてきますし、武器曲が更に良いものになるのではないでしょうか。