みそじのおんかつ

みそじのおんかつ

音活真っ盛りのおばちゃんです。

音楽業界の闇の部分教えます【事務所を辞める決意】

シェアする
はじめに

この話は私が実際に体験したものであり、インディーズ事務所の全てを否定するものではありません。また、この事務所が詐欺なのかどうかは分かりかねます。しかし、私のように最初に金銭を要求される音楽事務所疑うべきです、という注意躍起となります。特に若い方は安易に「お金を払えばデビュー出来ます」などの言葉に騙されないようにして下さい。また、その事務所に所属するアーティストの夢を潰そうという意図はありませんので特定等もお止め下さい。記事内のメッセージや発言等に関しては大筋に変化が起こらない程度の改変を行っています。

 

第一話

第二話

第三話

からの続きになります。

 

 

 

Q社から電話がくる

ある日知らない番号から電話がかかってきて

「もしもし、Q社の●●と申します。先日さとう様のカードでご本人でない方が使用されている映像が監視カメラより確認されました。お手数ですがご確認の為○○店にきていただけませんか?現在カードは利用停止になっています。」

という内容でした。

 

その時、私は

さ「おじに返済をお願いした時の映像かもしれません。確認をします。」

と電話を切り、カードを所有している社長に電話をしました。

社長「来社は絶対にしないで下さい」

との返事。

 

私は第三話から続いてるような

個人で出来る事をお金を払ってやる必要があるのか?

という疑問と、今回の社長の発言で不信感が爆発し

 

さ「確認をしたい事があるので、カードの番号を教えて下さい」

とお願いをし、インターネットのマイページへログイン。

 

元金は一切減っていませんでした。

 

無知なさとう。やっと事情を把握できたんです。

確かに社長は返済はしていたんです。しかし、返済してはすぐ借りる。

そのために元金は一切減っていない。借りたお金は、恐らく他の女性の返済にあてられていたのではないでしょうか。自転車操業ですね。

 

悲しくて、辛くて、でも自分のせいなんですよね。そこで救いの手を差し伸べてくれた人がいました。事務所を通じて知り合ったEさんでした。

Eさん「そんな事務所やめちゃえばいいんじゃない?」

 

すっと心が軽くなる気がしました。

 

さとう、事務所を辞める

約2年、お世話になった事務所を辞める決断をしました。

元金が一切減っていないカード2枚

利用停止してもらえたお陰で少しだけ元金が減ったカード1枚

それでも50万円以上の借金が手元に残っただけ。

私の事務所生活は終わりました。でも、後悔はしませんでした。

メンバーも社長Aさんも、誰も何も言わなかったのは優しさだと信じる事にします。

さて、さとうは借金生活になりました。

そこから、暫くは元金がほとんど減らない借金を一生懸命返す日々。

 

しかし、ここでEさん神の一声

Eさん「もしかして金利すごい高いんじゃない?」

 

※今ではほぼ無いと思いますが、過去、グレーゾーン金利というものがありました。私が契約した時はまだこのグレーゾーン金利というものが適用されていた時代だったんです。

テレビでたまにCMやってる過払い金の事ですね。

契約書を引っ張りだしてきたら、あらやだグレーゾーン金利

ということで、Eさんの知り合いの司法書士の所へお伺いしました。

 

さすが、Eさんの知人。話が早い。

あっという間に話が進み、さとうは元金の返済だけをする債務整理を行いました。

※本当は破産という選択肢もあったのですが、元々は自分の無知や甘えからスタートした事ですし、きちんと支払いたいとお願いした結果です。あと、破産って言葉がなんか怖い(笑)

 

読んでる方お察しの通り、かなり前の話ですから、既に借金は完済し債務整理発生日から5年間発生するブラックリスト制度も解除されています。

(ブラックリスト制度という言葉で合っているか不明ですが)

 

正解かどうかは知りません

ここまで書いて、結局自分のやった事が正しいのかどうかは分かりませんし

現在他の女性たちがどうしているのか、現在も活動されているのかまでは把握していません。事務所は恐らく残っているのではないかなと思います。

しかし、私は辞めた事自体は後悔していませんし、そもそも

高いお金を払ってやっていた事が個人で出来る事

という点でその事務所は自分にとっては必要のないものだったと思います。

 

現在音楽販売は無料で出来る時代ですし

CDプレスは100枚3万円台からできます。(DVDも同じ)

ライブに出たいなら、ライブハウスに音源を送ればいいだけですし

映像はyoutubeに上げれば良い。

レコーディングは工夫すればある程度のクオリティで家の中でも出来ます。

(いつか記事にします。)

 

結局は、自分でどこまでやれるのか、やる気があるのかだと思いました。

50万円の価値があるのか?と聞かれたら、ないと思います。

 

はじめに記載している通り、お金を払って事務所に入るという言葉は裏がある事が多いですから気をつけて下さい。

私の場合はまだ活動をする事ができたので良い方だと思いますが、世の中にはお金だけ払ってそのまま音信不通というのも当たり前にあります。

 

お金を払ってでも面倒な手間を省きたいという人は決して止めないですが、お金に見合う事が出来る保証はどこにもないです。

お金をかけるなら、有益なことに使って下さいね。

 

長くなりましたが音楽事務所シリーズはおしまいです。